エクオールと大豆イソフラボンの違い

エクオールサプリ違い

最近よく聞くエクオール≠チて何?

 

エクオールとは、摂取した大豆製品(納豆、豆腐、豆乳など)が、腸の中の腸内細菌によって代謝されて作られる成分で、別名「スーパーイソフラボン」と呼ばれており、メディアでも注目されています。

 

また、女性ホルモンに似た働きを持ち、女性が閉経前後に迎える更年期障害の緩和、さらに美肌効果や生活習慣病の予防など、様々な効果があると言われています。

 

しかし最近の研究で、欧米人では3人に1人、日本人では2人に1人が、エクオールを作るために必要な腸内細菌を持っていないということが明らかになったのです。

 

健康のために、大豆製品を「大豆イソフラボン」などのサプリで摂取している方も多いと思います。しかし、サプリを飲んでもあまり効果が見られない、症状が改善されないという方は、体内でエクオールが十分に作られていないということになります。

 

そこで、サプリなどで直接摂取することで、効率よくエクオールを体内に取り入れることができます。

 

大豆イソフラボンとの違い

大豆イソフラボンも、女性ホルモンと同様の働きを持ち、骨粗しょう症の予防や更年期障害の緩和、アンチエイジングなのどの効果があるといわれています。

 

しかし、イソフラボンにこれらの効果があるのではなく、イソフラボンを摂取することで作られるエクオールが効果をもたらしているのです。大豆イソフラボンを摂取すると、腸内で細菌によって代謝されエクオールが作られます。

 

が、この過程で必要な腸内細菌を持っていない方は作られません。つまり、日本人の約半分の方々は、摂取したイソフラボンがそのまま大豆イソフラボンの状態で体内に吸収されているということになります。

 

大豆の摂取量や食文化による腸内環境の違いも関係しているため、日々の食事に大豆製品や食物繊維を多く摂取することで、腸内環境を改善することが可能です。

 

更年期障害の症状を緩和させるために、大豆製品やイソフラボンサプリを摂取してきたけれど全く効果がなかったという方は、エクオールのサプリを試してみましょう。

 

エクオールサプリ

 

エクオール口コミ・評価


こちらの記事も読んでね!