エクオールサプリの力で肌トラブルもよくなってきた!

エクオールサプリ肌

イソフラボンと腸内細菌の関係性

 

腸内細菌は体内で色んな役割を担っていて、病原体の侵入に対して排除を行ったり、ドーパミンやセロトニンなどの幸せ物質を合成して脳に送る作業や免疫力を作る、そしてビタミンB2やB6・B12などから葉酸など女性の体に欠かせない成分も作られています。

 

そしてイソフラボンが体内に入った時にも、女性ホルモンのエストロゲンに似た成分であるエクオールを作っています。

 

女性ホルモンは肌の老化に深いかかわりがあり、バランスが崩れてしまうとお肌のハリや弾力性も失われていきます。肌荒れが進むとニキビや吹き出物など炎症を起こしやすくなったり、敏感肌や乾燥肌になりやすく、肌の表面が赤くなったりピリピリと痛んだり、冬場などには粉が吹きやすくなります。

 

女性ホルモンの乱れで、更年期障害の症状がでている人も、イソフラボンの摂取で改善が期待できるようになるのは、腸内でエクオールが作られるためです。イソフラボンは、納豆や豆腐そして豆乳などの大豆製品を食べることで得られます。

 

サプリでエクオールを補う必要性

肌のトラブルが発生した時、ビタミン類などを腸内で生成して肌の細胞を活性化したり、女性ホルモンに似た作用で肌の老化も防ぎたいと考え、大豆製品の摂取をしばらく続けてもまったく改善の兆しが見えず困ったという体験談があります。

 

それは日本人の腸内には、イソフラボンをきちんと代謝してくれる腸内細菌を保有していない人がたくさんいるためでした。腸内で作られないのであれば、直接エクオールを体内に入れることで同様の働きが得られるようになります。

 

このためサプリメントで補う必要性があります。サプリメントにはエクオールだけでなくラクトビオン酸がプラスされているものがあります。

 

これはカルシウムの吸収を向上させる成分で、更年期に欠かせない成分です。腸内細菌を持っていない人もサプリメントで補えますが、大豆製品は体内で色んな役割があるため、食事の際にも取り入れてバランスよく食べることが大事です。

 

エクオールが作られないから食べないということが無いようにしましょう。

 

エクオールサプリ

 

エクオール口コミ・評価


この記事も読んでね!