更年期障害を改善するエクオールとは

エクオールと大豆イソフラボン

 

大豆イソフラボンとエクオール

 

エクオールは、ダイゼインという大豆イソフラボンから、腸内細菌によって生み出されるものです。大豆イソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンに似た構造を持っています。

 

女性ホルモンのエストロゲンは、女性にとって非常に重要なもので、健康や美容に深く関係しています。女性の悩みの中でも非常に多い、更年期の症状や骨粗しょう症にも、女性ホルモンが深く関わっているのです。

 

40歳を過ぎると、更年期の症状が出てくる人が増えてきますが、更年期の症状は、エストロゲンの分泌量が減ることが影響しています。

 

一般的にエストロゲンの分泌量というのは、30歳前後でピークに達し、その後は少しずつ減っていきます。

 

エストロゲンには、心筋梗塞や動脈硬化のリスクを減らす働きもあり、また最近では認知症との関係も研究されてます。

 

イソフラボンの働きを上回る働きをするため、スーパーイソフラボンと呼ばれているのが、エクオールです。

エクオールで更年期を乗り切る

エクオールを体内で作るためには、エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌が、腸の中にいる必要があります。しかし、この腸内細菌は、全員が持っているものではなく、持っている人は半分くらいだと言われています。

 

その理由は未だに解明されておらず、現在でも研究が進められています。

 

体内でエクオールを作ることができない場合でも、サプリメントで摂取することが可能です。

 

のぼせや頭痛、めまいなど、様々な更年期の症状を改善して辛い時期を乗り切るために、サプリメントを摂取している人も多いです。大豆イソフラボンの効果を効率よく得られるかどうかは、ソイチェックという検査で知ることができます。

 

最近は、ソイチェックを行っているクリニックも増えています。

 

検査はとても簡単で、仕事や家事で忙しいという人の場合は、郵送で検査キットを送ってくれるサービスもあります。

 

検査によって食生活を改善し、サプリメントを飲み、健やかな毎日を送っている人は多いです。

 

エクオールサプリ

 

エクオール口コミ・評価

この記事も読んでね!