エクオールと3種類の大豆イソフラボン

3種類の大豆イソフラボン

注目を集めるエクオール

 

最近、テレビや雑誌でも特集され、話題になっているのがエクオールです。大豆に含まれている大豆イソフラボンは、大豆胚芽に多いフラボノイドの一種です。

 

エストロゲンという女性ホルモンと似た働きをすることは、よく知られています。大豆イソフラボンは、腸内でアグリコンに分解され、吸収されていきます。

 

そして、女性ホルモンのような働きをしてくれるのです。

 

大豆イソフラボンには、ダイゼイン、ゲニステイン、グリシテインの3種類があります。

 

しかし、腸内細菌の働きによってエクオールに変化するのは、ダイゼインだけです。

 

エクオールとして体の中に吸収される方が、ダイゼインのまま吸収されるよりも、様々な症状に効くと言われています。

 

エクオールを作るには、腸内細菌が必要です。しかし、残念ながら、日本女性の半数は、この腸内細菌を持っていないのです。体の中に腸内細菌がないため、エクオールを作ることができないのです。

 

更年期を快適に過ごす

しかし、体の中でエクオールを作ることができなくても、サプリメントなどを利用して摂取すればいいのです。

 

現在、ドラッグストアやネットショップで、多くの商品が販売されています。テレビや雑誌で特集されたこともあり、人気も非常に高く、よく売れています。

 

美肌効果や骨を強くする効果が期待でき、さらに更年期の様々な症状の改善が期待できるため、40歳以上の女性の愛用者が多いです。

 

ほてりや耳鳴り、めまいなど、更年期の悩みを抱えている女性にとって、更年期の症状が軽くなることは、精神的な安定にもつながります。

 

ただ、サプリメントを飲んでも症状が改善しない場合は、婦人科で医師の診断を受けた方がいいでしょう。婦人科の診断を受けてみたら、大きな病気が隠れていたというケースもあるのです。

 

また、様々な効果が期待できるサプリメントでも、過剰摂取は良くありません。

 

サプリメントは、足りない分を補うものなので、毎日適量を飲むことが大切です。

 

大豆イソフラボンとエクオール

 

エクオール口コミ・評価


こちらの記事も読んでね!